Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 乳幼児医療情報

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

乳幼児医療情報

熱が出た

ウィルスや細菌などに感染すると、体を守るために体温を上げて菌と闘います。防御反応なので、熱があるからといってすべてが重い病気というわけではありません。乳幼児の場合は、熱の高さよりも機嫌や食欲を観察しましょう。熱が高くても元気であればある程度は、様子を見ても大丈夫。熱が高くなくてもぐったりしているようであれば受診しましょう。

家庭で知っておきたい!ホームケア

家で様子をみる

・熱っぽいが機嫌がよい

診察時間内に受信
・38℃以上の発熱が1日以上続いている
・鼻水、せき、嘔吐、下痢などのかぜ症状が続いている
・機嫌が悪い、食欲がないなど、ふだんと様子が違う
診察時間外でも受信
・40度以上(生後3ヵ月未満の子は38度以上)熱がある
・顔色が悪く、ぐったりしている
・水分を受け付けない、おしっこの回数が少ない、など
救急車で搬送
・意識がない
・けいれんが5分以上続く、もしくは繰り返している

1.安静にしましょう

元気があっても、外出はせずお家で静かに過ごしましょう。体を激しく動かしたり、興奮するような遊びは避けてください。

2.こまめな水分補給

脱水に注意しながらこまめに水分を与えてください。湯冷まし、麦茶、ベビー用イオン飲料など、飲めるものを少しずつ飲ませてあげてください。ミルクでもOKです。

3.冷やす

熱の上がりかけは寒気があるので冷やさないでください。熱が上がりきり、気持ち良さそうであれば、「首」「わきの下」「足の付け根」などを、氷のうや冷却シートで冷やしてあげましょう。熱が高くても元気がある時や静かに寝ている時は、無理に下げる必要はありません。下げすぎにも注意が必要です。

4.汗のケア

発熱すると汗をたくさんかきます。こまめに拭いたり着替えさせたりしてください。また、室温やおふとんの調整、パジャマを薄手のものに変えるなどして、涼しく過ごせるようにしてあげましょう。

ワンポイント

〇日頃から平熱を把握しておきましょう。※乳幼児は37.5℃くらいまでは、正常範囲と考えてよいでしょう。
〇発熱に気がついたら、体温の変化を観察して、受診のときに医師に伝えましょう。
〇他の症状(発疹・おしっこの回数や色・下痢・嘔吐・鼻水・せき)がないか観察しましょう。
〇解熱剤は病気を治す薬ではありません。つらそうなとき、水分がとれないときなどに上手に利用しましょう。

PageUp