Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 乳幼児医療情報

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

乳幼児医療情報

発疹が出た

乳幼児の皮膚は薄く、バリアー機能が未発達なため、汗や汚れ、乾燥などの刺激だけで赤くなったり発疹が出たりします。湿疹はお肌トラブルの場合もありますが、その他に、虫さされ、アレルギー、ウィルスや細菌が原因の感染症などの場合もありますので、発疹の出た部位や状態などをよく観察することが大切です。

家庭で知っておきたい!ホームケア

家で様子をみる

・軽い症状のあせものなど

診察時間内に受信
・発熱、鼻水、嘔吐、下痢などのかぜ症状がある
・かゆがっている、水ぶくれがある
・症状が長引いたり広がってきた
・皮膚がジュクジュクしている、ただれている
・目が赤く充血している、手や足が腫れている
診察時間外でも受信
・高熱が出てぐったりしている
・皮膚が盛り上がり、急激に全身に広がる
・せきが出ている、ゼーゼーしている、呼吸が苦しそう
・吐いたり下痢をしたり、発疹以外の症状がある
・薬を飲んだあとに発疹が出た
・全身にじんましんが出て、かゆがって眠れない
救急車で搬送
・呼吸困難がある、顔色や全身の血色が悪い
・けいれんしている、意識がもうろうとしている

1.体温を測る

まずは体温を測って、全身状態を観察します。発疹の部位や状態、また、発疹が出た時間(熱の前か後かなど)を把握しておきましょう。受診の際に診断の目安になります。

2.かきこわさないよう気をつける

発疹をかきこわさないよう、つめを切ったり手袋をしたりしましょう。場合によってはかきこわすと症状が広がったり悪化してしまうことがあります。

3.かゆいときは冷やす

タオルなどを冷水で濡らして、かゆい部分に当ててみましょう。冷やすことで楽になることがあります。

4.肌を清潔に保つ

こまめに肌着やおむつを替えましょう。発熱がなければ、ぬるめのシャワーで汗を流し、皮膚はゴシゴシこすらないようにしましょう。

5.発熱時は水分補給

熱が出ていたら、湯冷ましや麦茶、高熱の場合は乳幼児用イオン飲料を少しずつ何度も与えましょう。赤ちゃんの場合は、おっぱいやミルクでもOK。

ワンポイント

〇発疹が現れたときの状況や、前後の関連性も思い出しておきましょう。最初の症状を写真に撮っておくと医師も診断に役立ちます。
〇感染症の場合もあるので、診断がつく前に外出することは控えましょう。
〇水いぼやとびひはうつることがあります。ジュクジュクしているときは、プールなどの水遊びは医師の判断をあおぎましょう。家族でもタオルなどは別にして感染を防ぐことが大切です。
〇塗り薬をつけるときは患部だけでなく、薬を塗るパパ・ママの手も清潔にしましょう。

PageUp