Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 乳幼児医療情報

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

乳幼児医療情報

異物を飲んだ(誤飲)

誤飲とは、食物以外の物(飲んではいけないもの)を誤って飲み込んでしまうことを言います。4cm未満の大きさのものは乳幼児の、のどを通ってしまいます。特に、なんでも舐めたり口にいれたりしてしまう、5か月~1歳代によく事故が起こります。

家庭で知っておきたい!ホームケア

家で様子をみる
・化粧水、口紅、粘土、のり、石けん、クレヨンなどを
「少量」食べた

診察時間内に受信
・固形物(コインなど)を飲み込んだ
診察時間外でも受信
・ボタン電池や小さな磁石を飲み込んだ
・たばこ、医薬品、防虫剤(ナフタリン)、ほう酸だんご、アルコール、マニキュアの除光液、漂白剤、殺虫剤などを食べた
・吐いたものに、血が混じっている
救急車で搬送
・顔が真っ青で、呼吸困難な状態
・意識がない、けいれんを起こしている
・針や画鋲、割れたガラスなど、とがったものを飲み込んだ
・灯油・ガソリンを飲んだ

1.口の中のものを取り出す

口の中に残っていたら指でかき出して取り除きます。奥にある場合は無理に取り出そうとせず吐きださせます。

2.飲んだものを特定する

子どもの手や口のまわりについているもの、周辺の容器やにおいなどから、飲んだものや量、時間などを確認します。

3.誤飲したものに合わせた処置をする

飲み込んだものによって、「吐かせる」「吐かせない」「水か牛乳を飲ませる」「飲ませてはいけない」などの判断が必要です。かかりつけ医に相談、または「中毒110番」に電話して、応急処置の方法や受診のタイミングなどのアドバイスを受けましょう。

4.吐かせる(吐かせてよい場合)※6か月未満の乳幼児は吐かせてはいけません

水や牛乳を飲ませてよい場合は、飲ませてから吐かせましょう。大人が片方のひざを立て、太ももの上に子どもをうつぶせにして、頭が胸よりも低くなるようにします。指を口の中に入れ、舌の付け根を強く押して吐かせます。

ワンポイント

〇受診の際は、誤飲したものの残りや医薬品などなら説明書、添付文書、入っていた箱などを持って受診してください。
〇小さなもの(4cm程度)やとがったものは子どもの手の届かないところへ置きましょう。
〇たばこ、灰皿、洗剤、漂白剤、薬、裁縫道具、化粧ポーチなどは子どもの手の届かないところへ置きましょう。
〇空き缶・空きびんなどを灰皿代わりにするのをやめましょう(水に溶けたニコチンは強毒性です)。
〇戸棚や引き出しには、事故防止用のストッパーなどをつけましょう。
〇異物を飲み込んだ瞬間を見て、大声を出すのは避けましょう。びっくりして飲み込んでしまう場合があります。
〇子どもの前で薬を飲まないようにしましょう(マネをします)。

中毒110番
▶大阪中毒110番 (365日24時間対応) 072-727-2499
▶つくば中毒110番 (365日9時〜21時対応) 029-852-9999
▶タバコ専用電話 (365日24時間対応 ※テープによる情報提供) 072-726-9922

(財)日本中毒センター( http://www.j-poison-ic.or.jp )
※誤飲物の毒性や症状などを調べることができます。

PageUp