Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 乳幼児医療情報

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

乳幼児医療情報

落ちた・転んだ

乳幼児は、頭が大きく体のバランスが悪いため、どうしても転んだり落ちたりしてしまいます。事故がおきないように、日頃から予防をしましょう。落ちたり転んだりした後は、元気そうでも、しばらく安静にして様子をみましょう。後から症状が悪化する場合があります。

家庭で知っておきたい!ホームケア

家で様子をみる

・機嫌がよく、いつもと変わらない

診察時間内に受信
・動かすと痛がるところがある。
診察時間外でも受信
・胸やお腹を打って、苦しそうにしている
・2回以上吐いた
・血痰や血尿が出た
・手や足をだらんとして動かさない
救急車で搬送
・意識がない
・けいれんを起こしている、繰り返し吐く
・手や足がへんな方向に曲がったり、骨が見えている
・傷口が大きく出血が止まらない
・目のまわり、耳の後ろが内出血している
・鼻や耳から透明の液体が出てきた

1.意識の確認

名前を呼んで肩をたたいて意識があるかどうか確認します。意識がないときは、救急車を呼んでください。体を激しく揺らさないこと。

2.出血の処置

傷などから出血がないか確認します。出血していたら、応急処置をします。小さな傷は傷テープなどをはり、出血が多い場合は、「圧迫止血」をします。患部に清潔なガーゼやタオルをあて、ぎゅっと押さえて20~30分圧迫します。患部を心臓よりも上の位置にすると血が止まりやすくなります。

3.打撲の処置

打った患部をまずは冷やします。ビニール袋に氷をつめた「氷のう」や、保冷剤をタオルでまいたものを患部に20~30分あてましょう。

4.骨折や脱臼の処置

手足がへんな方向に曲がっていたり、激しく傷みがある場合には骨折が考えられます。添え木(新聞を丸めたものや雑誌、段ボールでもよい)をあて、包帯や大きな布で縛って固定しましょう。また、肩やひじ、指などをだらんとしていたり、動かせないほど痛がるなどに気づいたら脱臼しているかもしれません。至急受診しましょう。

5.頭を打った場合

大声で泣き、その後いつもと同じように過ごせるようなら、そのまま様子を見てください。当日は入浴せず、2~3日は安静にしましょう。容体が変わった場合は、受診しましょう。嘔吐がある場合は、窒息しないように横向きにします。何回も吐くようであれば救急車を呼びましょう。

ワンポイント

〇階段やキッチンなどに入らないよう、フェンスなどをつけましょう。
〇床にすべるものやつまずくものを置かないようにし、家具などの角にはクッション性の事故防止グッズなどをつけましょう。
〇寝返りなどでのベッドやソファなどから転落する事故がよくあります。柵をするなどして転落を防ぎましょう。
〇公園の遊具などで遊ぶ際には、目を離さず付き添って一緒に楽しく遊びましょう。
〇お風呂場ですべらないように、マットなどで対策しましょう。
〇ベランダに物を置かないようにしましょう。物を踏み台にしてベランダから身を乗り出すと危険です。
〇子どもの成長は、ある時急にやってきます。寝返りやつかまり立ちなど、昨日までできなかったことが急にできるようになりますので、油断せず見守りましょう。

PageUp