Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 乳幼児医療情報

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

乳幼児医療情報

年齢別のケア

小さな子どもは、食生活や歯磨きなど、自分ではコントロールができません。歯の健康は一生涯関係することで、子どもの時期のケアによってその後が大きく左右されます。子どものむし歯ゼロを目指し、お母さんやお父さんが、お子さんの年齢に合った最適なケアを行なうことが大切です。

家庭で知っておきたい!ホームケア

1.歯が生える前(0~6ヵ月ごろ)

歯が生えていないうちは、むし歯にはならないので、歯のケアは必要ありません。ママが赤ちゃんと遊びながら、口の周りをふいてあげたり、唇や歯ぐきをさわったり、スキンシップをしましょう。この時期から口に触られることに慣れておくと、歯磨きを嫌がらなくなります。

2.はじめての前歯が生えてきたら(6~12ヵ月ごろ)

歯が生えてきたら、ガーゼをしめらせて歯の表面を軽く拭いてあげます。特に前歯の裏側は、むし歯になりやすいので意識してケアをしてあげましょう。まずは食後にこだわらず機嫌のいいときにやってみましょう。この時期から歯ぶらしを口の中に入れる練習を始めましょう。大人が歯磨きをしているとマネをしたがりますので、お子さん用の歯ぶらしを持たせてあげましょう。口の中を清潔にしておくために、飲み物はなるべく水や麦茶にしましょう。また、家族からむし歯がうつらないように家族全員で口の中のケアをしましょう。

3.奥歯が生えてきたら(1~2歳頃)

1日1回は必ず歯磨きをします。奥歯のみぞがむし歯になりやすいので、意識してしっかり磨きましょう。特に夜寝る前にしっかり磨けば、むし歯はじゅうぶん予防できます。
仕上げ磨きは、手遊びなどを取り入れながら「歯磨きは楽しい!」という雰囲気を作って、親子でリラックスしてからはじめるとよいでしょう。長い時間、口を開けていることはむずかしいので、子どもを寝かせて歯がよく見える安全な姿勢で短時間で磨きましょう。

4.乳歯が生えそろったら(2~3歳頃)

2歳前後になると、自分で歯磨きしたがりますので子ども用の歯ぶらしを持たせて磨かせましょう。自分でできたら「上手にできたね」と、たっぷり誉めます。「自分でできた」と満足したら、お母さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。歯と歯の間はデコボコして磨きにくいですが、力を入れすぎないように細かくていねいに磨いてあげましょう。この頃からブクブクうがいも一緒にやって教えてあげましょう。

5.永久歯に生え替わりはじめたら(6歳頃~)

永久歯は一生使う大切な歯です。生えたての奥歯(6歳臼歯)は磨きにくい歯です。背が低く溝に汚れがたまりやすいので、念入りに仕上げ磨きをしましょう。子どもも歯磨きが上手になりますが、まだまだ汚れが残っていますので、大人の仕上げ磨きが必要です。フロスで歯の間の歯垢をとってあげると予防効果がアップします!

ワンポイント

お母さんも仕上げ磨きは大変ですが、お子さんの健康な歯の成長のためにがんばりましょう!子どもとの大切なスキンシップの時間でもあります。楽しみながら続けましょう。

PageUp