Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 乳幼児医療情報

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

乳幼児医療情報

フッ素(フッ化物)の利用

フッ素は歯を丈夫にし、むし歯菌の働きも弱めてくれます。フッ素は自然界に広く存在し、いつも食べている様々な食材にも含まれています。特に海産物には高い濃度のフッ素が含まれており、他にも野菜やくだもの、お茶、みそ、牛肉など様々なものに含まれています。しかし、それらを食事で摂取するだけではむし歯予防には不十分なので、いろいろな場面でフッ素を利用していきましょう。

家庭で知っておきたい!ホームケア

1.フッ素の3つの予防効果

・歯の表面のエナメル質を強化して、酸に対する抵抗力をアップします。
・エナメル質が酸によって壊されても初期虫歯であればフッ素が修復(再石灰化)してくれます。
・むし歯原因菌の働きを弱め、酸がつくられるのを抑えます。

2.フッ素配合歯磨き剤

歯磨き剤はぶくぶくうがいができるようになったら使いましょう。歯磨き剤に含まれる微量フッ素が、歯のエナメル質を強くし、むし歯になりにくい歯にしてくれます。

3.フッ素洗口

フッ素が入った洗口液で「ブクブクうがい」をするむし歯予防法です。うがいが上手にできるようになる4歳頃から開始し、中学卒業時まで継続して実施すると、特に永久歯のむし歯予防に大きな効果を発揮します。

4.フッ素塗布

歯科医院などでフッ素を直接歯に塗る方法で、年に数回塗布します。塗ったあとは30分間、うがいや飲食はできません。燕市では、1歳児歯科健診・2歳児歯科健診・2歳6か月児歯科健診でフッ素塗布を行っています。利用しましょう。

ワンポイント

フッ素の利用はいろいろな方法があります。工夫して歯を丈夫にしましょう。

PageUp