Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 乳幼児医療情報

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

乳幼児医療情報

妊娠期のケア

妊娠中は、つわりによる吐き気などで歯のケアがむずかしくなります。さらにホルモンの変化などで唾液が減り口の中が酸性になりやすいため、むし歯や歯周病になりやすくなります。産まれてくる赤ちゃんへの感染を防ぐために、お口のケアをしておきましょう。

家庭で知っておきたい!ホームケア

1.母子感染を防ぐために

歯周病は血液を通して子宮の赤ちゃんに感染する可能性があります。重い歯周病は早産や低出生体重児の出産のリスクが高いと言われています。また、赤ちゃんが産まれてからは、大人のむし歯菌が赤ちゃんの口に感染することでむし歯になります。必要な場合は出産までに治療を終えておきましょう。

2.赤ちゃんの歯の芽を育てよう

赤ちゃんの歯の芽は、お母さんのおなかの中で妊娠7週目からでき始めて、妊娠4カ月頃から石灰化が始まります。丈夫な歯を作るために妊娠中はタンパク質、カルシウム、リン、ビタミンなどを中心にバランスの良い食事を心がけ、赤ちゃんの歯の芽をしっかり育てましょう。

3.つわり中の歯磨きポイント

つわりの時は、歯磨きがつらくなります。体調の良い時間帯に磨き無理をしない、テレビを見ながらなどのながら磨きをする、奥から前に掻き出すように磨く、顔を下に向けて磨く、ぶくぶくうがいを十分に行う、歯ブラシのヘッドを小さいものにしたり、歯磨き剤は香りがあまりないものを選んだりして工夫しましょう。どうしても歯磨きが無理なときは、フロスの利用や強めのうがい、キシリトール入りのガムなどを利用しましょう。嘔吐後の対処としては、ただちにうがいをして、胃酸を十分に洗い流すことが大切です。

4.妊娠中の歯の治療について

妊娠中の歯科治療は妊娠中期(5か月~8か月)の安定期がおすすめです。歯科医と相談して無理せずすすめましょう。レントゲン撮影は、患者本人にも胎児にも影響がないと言ってよいぐらいの低線量ですが、妊婦の精神的不安を考慮に入れ、鉛のエプロンを着用しますので赤ちゃんの被ばくは心配しなくて大丈夫です。また、麻酔は無痛分娩に使用されるものと同じ麻酔を使いますので安心してよいでしょう。もし、薬の使用が必要な場合は、妊娠時に100%安全な薬物は存在しませんが、やむを得ない場合のみ、最少量で行います。歯科医の指示を守って服用してください。

ワンポイント

日頃からお口のケアに気をつけて、妊娠してから慌てないようにするのがいちばんですね。

PageUp