Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 結婚っていいよ! 結婚 夫婦

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

結婚っていいよ!

深海夫婦(結婚歴8年)

深海ご夫婦と娘さん2人の写真

(写真左から隆義さん(33歳)百音ちゃん(5歳)樹音ちゃん(8歳)寛子さん(32歳)2015年2月11日取材・撮影)

「ものやお金では得られない満足感があることに気づきました。」

かわいらしいお2人の娘さんがいらっしゃる深海ご夫妻に、出会いから結婚していま感じること、そしてこれからの人生についてお話をお聞きしました。笑顔いっぱいの仲良しご家族です。

第一印象は楽しそうな人だなあと思いました。

Q.ご夫婦の出会いについて教えてください。

寛子さん:仕事の関係で出会いました。一目惚れではなかったけど出会ってすぐに、楽しそうな人だな、友だちになりたいなと思いました。そして、自然の流れでお付き合いしました。

隆義さん:最初は、元気のいい子だなという印象でした。そして、アプローチされました。僕の方が(笑)。

娘がお腹の中にやってきたので、結婚しようと思いました。

Q.結婚を決めたきっかけは?

寛子さん:赤ちゃんができて、結婚しようと自然に思いました。迷いはなかったです。

隆義さん:プロポーズは「産もう」って言葉じゃなかったかな?

空からママとパパが仲良くしているのが見えたから、ここに来ようと選んでくれた。

Q.想い出のエピソードなどはありますか?

寛子さん:長女の樹音が「産まれる前に、空の上からパパとママが仲良くしているところが見えて・・・それで神様がここに来るように決めてくれた」と言うんです。それがちょっと不思議なエピソードですね。

子どもがいることで「輪」ができた。

Q.結婚してよかったと思うことは?

寛子さん:いつもよかったと思っています。きちんとしていて生活の中でリズムを刻んでくれていて、それが心地よい。頼ってばかりいます。私がしんどい時には、ごはんを作ってくれたり、娘たちのことをよく見てくれます。家族で出かけるときにお弁当も作ってくれるんです。

隆義さん:今の生活があること、ひとりじゃないこと。子どもを産んでくれたことに感謝しています。子どもが2人いることで家族になった。輪ができた。それがとても幸せです。

Q.夫婦仲良くやっていくためのコツは?

隆義さん:話をすることじゃないかな。ぼくはそう思います。その日あったことをお互いに話したり、問題があれば一緒に話し合って決める。

寛子さん:信頼することですね。すぐには難しいんですけど、ずっと一緒にいると段々と信頼が深まっている感じがします。信じているからお互いのやりたい事を応援できるし、お互いを尊重しているから、好きなことに一生懸命になれるのかな。

子育てをする中で、自分も愛されて育ったんだなあって気づきました。

Q.これからどんな人生にしていきたいですか?

寛子さん:子どものときは親が忙しく、ずっと自分が大切にされていないような、寂しかった想いがあったんです。それが、子どもを育てている中で、ああ、あれも愛だったし、これも愛だったし、ずっと大人になるまでたくさんの愛に囲まれて生きていたんだってことに気がついて、自分が満たされていきました。同時にちゃんと「愛してるよ」っていう言葉を言わないと伝わらないんだってことも気づきました。だから「大好きだよ」って子どもたちに言っています。自分も親から受けた愛を子どもに受け渡していきたいと思います。

隆義さん:いまは、子どもたちが大きくなるためにがんばっている感じですね。子どもたちが自立できるように教えています。次女の百音は障がいを持っていてダウン症なんですけど、そこのところもまた心配で。ちょっとでもひとりでできることを増やせるように、みんなで教えていってあげたいな、っていうのが未来の展望です。

子どもが増えればお金ってなくなるけど、もっと大切なものがきっと分かると思います。

Q.未婚の方にメッセージをお願いします。

寛子さん:私たちは、子どもを通じて自分が幸せなんだ、自分も愛されてきたんだと気づき充実した日々を送っています。でも、人それぞれいろいろな生き方があって、結婚だけが全てではないし、自分がどういうふうに生きるかを見ていればきっと幸せになれると思っています。そう思ったのは、百音がダウン症という障がいをもって産まれてきた時に、この子は結婚して子どもを産むという私たちが「幸せ」だと考えていたことは何一つできないかもしれない、と思えて…それがショックでした。でも今になって考えると結婚して子どもを産むというのはひとつの幸せの形でしかない、いろんな形があるって伝えたいと思っています。

隆義さん:独身のときって、お金が大事でお金があればなんでもできるって思っていました。でも結婚してみたらそれを超えるものがたくさんあった。
結婚、家族、子どもというものには、ものやお金では得られない満足感が何倍もあるんだなってことに気づいた。ぼくも独身の時に結婚しようとなんて思っていなかったんです。
結婚してからそれに気づいたので、結婚しないと気づかない。ぼくは結婚をおすすめしますよ。
子どもが増えればお金ってなくなるけど、もっと大切なものがきっと分かると思います。

PageUp