Produced by TSUBAME City 燕市 婚活×妊活×子育て まるごと応援Web!

新潟県燕市 | すこやか家族応援情報ページ | 産み育てたい!ダイアモンド✡ユカイの未来のパパ・ママへのメッセージ

このサイトは新潟県燕市の婚活・妊活・出産・子育てを応援するWebサイトです

つばめのアクティブ世代集まれー☆

不妊治療啓発講演会 産み育てたい!ダイアモンド✡ユカイの未来のパパ・ママへのメッセージ

いつか産みたいあなたへ 赤ちゃんが欲しいあなたへ不妊治療について知ることから始めませんか~願い想いそしてアクションを~

平成28年2月13日(土)開催「産み育てたい!ダイアモンド✡ユカイの未来のパパ・ママへのメッセージ」(不妊治療啓発講演会)の様子をご紹介します。
この講演会は、幅広い世代へ不妊や不妊治療への理解を深めてもらおうと燕市が主催し、300人が参加しました。

「不妊症?」と思ったら、早めの受診を

第1部では、新潟大学経営戦略本部男女共同参画推進室准教授 林はるみさんから「産み育てるための身体づくり」をテーマに講演していただきました。日本産科婦人科学会ではカップルが妊娠を希望しながら1年以内に妊娠が成立しない状態を「不妊症」と定義しています。現在6組に1組のカップルが不妊治療を受けています。

不妊症の原因は1つの場合もあれば複数の場合もあり、また原因不明ということもあります。年齢を重ねることで妊娠率は下がるため、「不妊症かも」と思われる方は早めの受診・治療の一歩を踏み出してほしいとお話されていました。

また、男女ともに生活の乱れが不妊の原因となる場合もあるため、規則正しい生活、十分な睡眠、バランスの良い食事など生活習慣の見直しや食生活の改善の大切さについてお話ししていただきました。


第1子出産年齢 年次推移


生殖補助医療(ART)出生児数
FET:凍結胚移植 ICSI:顕微授精 IVF:体外受精


妊娠率・生産率・流産率

●フィンレージの会 こちらから>>

●NPO法人Fine こちらから>>

●高齢出産VOICE こちらから>>

●すまいる親の会 こちらから>>

あきらめず不妊治療を乗り越えて、感じた喜び

第2部では、ダイアモンド✡ユカイさんと林はるみさんのトークセッションが行われました。ユカイさんは、無精子症と診断された時のショックや辛さ、治療の末にお子さんを授かった時の喜びなど、ご自身の体験をユーモアも交えて語りました。

現在は3児の父として子育てに奮闘するユカイさん。インターネットで無精子症について調べ、子供を授かる可能性があることを知り、不妊治療を受けることを決意しました。2回の治療でも実らず、夫婦関係がぎくしゃくしていき、大げんかの末奥さんが家出、離婚の危機を迎えたこともあったそうです。一度は不妊治療をあきらめたものの2人で旅行するなど夫婦関係を癒した後、3回目のチャレンジで妊娠することができたと語りました。その2年近くの月日が20年くらい治療をしていたような感覚で、毎日が不妊治療のようだったと当時の苦労を振り返りました。

不妊経験のある参加者や現在不妊治療中の参加者からは、「勇気・元気をもらった」との声を、不妊経験のない参加者からも「不妊に悩む人の気持ち・大変さを知ることができた」との感想をいただきました。

PageUp